これから仲間となる皆さんへ

 竹沢精機は、技術集団です。技術にこれで終わりという言葉はありません。何事にも全身全霊で立ち向かえば、不可能はないと信じています。会社の原動力である社員一人一人が、120%やる気のでる環境づくりを考え、同じベクトル方向に陣頭指揮をとっていきたいと思います。
 さらに、生産性向上のためのTCA(勉強会)を定期的に開催し、従業員の皆さんの成長をバックアップしていきます。

 

代表取締役社長
竹澤 榮治

従業員の勉強会

 竹沢精機は「社員力」こそが会社を成長させる鍵であると考えています。そのため現場での実務を通じた学習はもちろん、勉強会などを定期的に開催し、従業員の皆さんの成長をバックアップしています。

経営陣の勉強会

 現場に指示を出す経営陣が不勉強では、会社が混乱してしまいます。私たちは、経営陣が積極的に学び、新しいことに挑戦し続けるからこそ、会社が成長していくのだと考えています。ですから、経営陣も定期的に外部から講師を招き勉強会を開催し、経営戦略、組織、運営管理、働きやすい職場作りなどについて学んでいます。

勉強会のようす

仕事紹介

 竹沢精機の組織は、次の図のようになっています。現在、各部署で募集を行っています。

組織図

総務部および経理部

 総務部は従業員の働きやすい環境を維持・改善していく部署で、いつも決まった業務が定期的にあるものではなく、その時々に応じた毎日違う業務があります。そのため日々の雑務には終わりがありません。 また、経理については従業員の給与計算や売上、仕入れ等の管理集計をしており、会社の現在の状況や今後の見通しについて検討するための資料の作成をする、重要な機能を担っています。その資料により会社が今後どうなっていくかを決定するので正確な資料を素早く制作する必要があります。

 

 私たちの業務は会社を直接動かすというものではありませんが、縁の下の力持ち的な存在だと思います。私たちと力を合わせて会社を盛り上げてくれる方をお待ちしております。

(総務部・経理部)

営業技術部

<営業・設計課>
  営業技術部は、竹沢精機のオリジナル製品であるワンパスホーニング加工の工具であるダイヤモンドリーマとその専用機の開発・設計を担当している部署です。また、ユーザーと直接会って、加工方法や設備仕様についての打ち合わせを行い、最適な方法を提案することで、受注につなげていくのも営業技術の仕事です。


  ものづくりの最初の部分である、仕様の決定を担う仕事です。色々なことを検討し、新しいものを生み出していくような創造性が必要とされます。ないものを形にしていくのは大変なことですが、非常にやりがいのある仕事だと思います。


 近年、加工精度に対する要求は自動車、建機関連においても10μmから1μm台へと高まってきており、竹沢精機としても更なる技術力の向上が必要とされています。
当部署では様々な要求に応えるべく日夜研究開発を進め、失敗を恐れず常に前向きに行動し、その結果をふまえ、更に次のレベルを目指して進むような若さと創造力、行動力のある人を求めています。

(営業技術部課長・遠藤)

  

<工具製造チーム>
  私たち工具製造チームは竹沢精機において、自社ブランドである、穴の超仕上げ工具=(ダイヤモンドリーマ)の設計、製作を担当している部署です。
 ダイヤモンドリーマの製作が主な業務で、納期管理(納期回答)、加工手配、出荷検査、お客様との営業技術的な対応、テストカット(試作)等が含まれます。ミクロン台の要求を満たす製品の製作、その工具を使用し、お客様の要求する精度を達成した時の達成感は最高です。

(営業技術部 工具製造チーム主任・金賀)

製造部

<製缶チーム>
  竹沢精機において、溶接を担当している部署です。溶接は、まず図面を見て材料の発注から始まり、次工程の機械加工のための削りや直角度、曲がり等を考えて作業をしています。 体力に自信のある方や機械いじりの好きな人は一緒にやってみませんか!

 

(製造部工場長代理・関口)

  

<機械加工チーム>
  生産管理の仕事は、品質・納期・コストを意識して工程全体を常に把握し、工程をコントロール及び修正して迅速に行動を起こす必要があります。また、協力工場や自社工場の生産スタッフとコミュニケーションをとる必要があります。そのため誰とでもコミュニケーションが取れ自分の意見・考えを持って話ができる方には適所であると思われます。色々な物事に対する対応力・精神力がある方、お待ちしています。
 機械加工の仕事は、マシニングセンタにて部品加工をしている部署です。大型マシニングセンタ(五面加工機)、縦型、横型マシニングセンタ、NC旋盤等の機械設備が多数あり、一人で段取りし、プログラムを作成し、加工まで行う作業なので「やる気と実力」が不可欠となります。正直、仕事は難しいですが、その分出来たときの達成感はすごくある仕事であると思います。「ものづくりの楽しさを実感したい!」「難しいことに挑戦し技術を習得したい!」と言う成長意欲にあふれるあなた、フィールドは用意されています。一緒に頑張りましょう。

(製造部生産管理課課長・三瓶)

   

精機事業部

 竹沢精機精機事業部は大きな2つの部門から構成されています。
ひとつは太陽電池製造装置の組立部門、もう一つはホーニングマシンをはじめとする各種設備機械の組立部門です。太陽電池製造装置は昨今話題になっている再生可能エネルギーの代表である太陽光発電向けの製造装置です。 ホーニングマシンは、主に自動車や家電製品に使われる精密部品の超精密内径加工用の装置です。

 太陽電池は今後さらに需要が高くなり、精密な機械を作る日本の技術は海外でも非常に注目され、竹沢精機が手掛けている装置は非常に重要な位置づけとなっています。また、受注した機械は精度・要求スペックが非常に高く、装置として組み上げ納品するまでには様々な技術とノウハウが必要です。
  竹沢精機精機事業部では、これまで培ってきたこれらの技術/ノウハウを次世代に継承し、更に新しい組立/加工技術にも取り組み竹沢ブランドを確立させていきたいと考えております。
  言われたことだけをやっていく業務ではなく、常に「なぜこういう構造になっているのだろう」、「この作業をもっと簡単で短時間にできる方法はないか」など、常に前向きな思考で業務に取り組む方には、大変やりがいのある事業部だと思います。ぜひ私たちとともに、次世代の竹沢精機精機事業部を担っていきましょう!

(精機事業部部長・金沢)

募集要項はこちら