TLB-20の発展モデルで、精度・剛性を追求したスタンダードモデル

高剛性・高精度

 TLD-20は当社のワンパスホーニング加工を行うリーマの特徴を最大限に発揮させるために開発した最新鋭機です。独自のステップ運転機能、高剛性・高精度のコラム、さらに新設計のスピンドルヘッドを搭載し、多種多様のお客様のニーズにお応えできます。
  新設計のスピンドルヘッドは加工用モータと加振用モータを分離し、それぞれを単独に制御でき、より細かな条件設定が可能です。また、最大7.5kWの加工用モータが搭載可能ですので、幅広い加工径に対応できます。

最大加工径φ60、加工代90μm、円筒度5μm、面粗度Ra0.8μm

 7.5kWの主軸モータ(ACサーボ)の搭載により、合金鋼で最大φ40、FC250相当材で最大φ60までをワンパスホーニング加工で行うことが可能です。さらにホーニング加工前の精度が、はめあい公差H8相当であれば加工代90μmでの到達精度(真円度2μm、円筒度5μm、面粗度Ra0.8μm)が可能です(FC250相当の場合)。

完全自動化に対応

 標準のコラム、スピンドルヘッドに供給・搬送・搬出機構、さらにエアマイクロ測定器の自動測定機能を装備させた高度な自動機の製作も短納期にて対応できます。

TLD-20の主な仕様

加工 最大  加工径 (mm) φ60(FC250)
最大ストローク (mm) 400
ベッド上面~主軸先端の距離 (mm) 560
参考加工精度(FCD鋼)
最大取代(mm) φ0.05
真円度(μm) 1.0以下
真直度(μm) 1.5以下
円筒度(μm) 2.0以下
主軸 主軸モータ (kW) ACサーボ
2.0 ~ 7.5
主軸回転数 (rpm) 200~2000
シャンク穴寸法 (mm) φ25
送り 送りモータ (kW) ACサーボ 1.0
送り速度 (mm/min) 10000
加振 加振モータ(kW) ACサーボ 0.4
振幅量 (mm)固定 0~0.5
クーラント装置 形式 内蔵
クーラントポンプ出力 (kW) AC0.4
吐出量 (L/min) 60
吐出圧力 (MPa) 0.19
タンク容量 ( L ) 200
機械寸法 高さ (mm) 2200
幅  (mm) 1000
奥行(mm) 1000
ベッド上面までの高さ (mm) 750+100
機械重量 (kg) 1500
オプション関係 工具自動拡張装置 設定なし
主軸加振装置 OP
ワークチャッキング装置 OP
搬送装置 OP
全閉スプラッシュガード OP
マグネットセパレータ 標準
ハイコラム仕様 OP
オイルホールタイプ OP
別置クーラント装置 OP
備考 ユニバーサルジョイント使用可能
フローティングホルダ使用可能
お問い合わせ