リーマの能力を100%引き出すホーニングマシン

 リーマ加工の際には、切屑による工具の破損、かじりや、工作機の剛性不足による加工精度の低下などが問題になります。竹沢精機では、リーマの性能を100%引き出し、より高い次元の円筒研削を実現するため、工作機械の開発を行いさまざまなお客様のもとでお役に立っています。

竹沢精機のホーニングマシン

加工精度を高める加振機構

 リーマを振動させることにより、切屑を細かく切断し、自動的に排出します。これにより、面粗度と工具寿命を画期的に向上させ、超高精度なホーニング加工を行います。振動機構により、切屑が工具を破損させることを防ぎ、工具のかじりを防止することによって、実現した技術です。

使いやすい

 見やすいタッチパネル式操作盤を採用し、初心者でも簡単に操作できます。また、クーラント装置をベットに内蔵し、省スペース化も実現しました。

完全自動化対応

 供給・搬送・排出機構を装備させることにより、完全自動化が可能です。

製品ラインナップ

 竹沢精機では、さまざまなホーニングマシンを取り揃えております。

TKF-30

TLD-20:精度・剛性を追求したスタンダードモデルのマシン

TLB-20

TLB-20:精度とコストをバランスさせたスタンダードモデルのマシン

TKF-30

THL-05:コストと機能をバランスさせたエントリーモデルのマシン

4TS-109

4TS-109:最大15穴の同時ホーニングが可能な新型マシン

TKF-50

TKF-05:占有スペース1/3の小型で省スペースなマシン

   

工作機の開発事例

ディーゼルエンジンのインテークバルブ部の超仕上加工

●自動車部品メーカB社様

この事例は、硬度60の焼結合金に対して、面粗度Ra0.1以下、生産量30秒/穴の生産速度でリーマ加工を行えないかというご相談をいただいた事例です。
 精度への厳しい要求を満たすため、まず工程設計からとりかかりました。検討の結果、竹沢精機のリーマならば4工程で完了することがわかり、各工程ごとに最適なリーマを設計した上で工程に合わせたホーングマシンの開発を行いました。竹沢精機製ホーニングマシン4機をTKF-05をベースに、搬送装置を装備した完全自動加工ラインを開発し、お客様の要求にお応えすることができました。
 穴加工の工程設計、リーマ設計、ホーニングマシンの開発まですべてをこなす竹沢精機だからこそ、実現できた事例です。

油圧バルブのスプール穴の最終仕上

●建設機械メーカC社様

 これは、建設機械の切替バルブ用スプール穴の、最終仕上げ工程で使用されるホーニングマシンの開発を行った事例です。
 ワークに設けられた12個の穴に対して、高精度なリーマ加工を行うだけでなく、穴ごとに細かな加工精度の設定が行えること、低コストで設計することがお客様から求められました。
 竹沢精機には、すでに実績のあるホーニングマシンが多数あるので、これらの機構をベースにして開発を行うことで、要求を満たしつつコストを抑えました。これにより、各穴に対して細かな設定のできる自動加工ラインが実現し、お客様のご要望にお応えすることができました。

ホーニング加工の自動中仕上

●自動車部品メーカD社様

 この事例は、エンジンシリンダのホーニング時間を短縮するために、中仕上の精度を向上させたいというお客様からのご依頼でした。中仕上で高精度な加工を行っておけば、超仕上加工をより高精度、短時間にすることができます。
 竹沢精機にとって、要求精度はそれほど難しいものではありませんでした。竹沢精機のリーマおよびホーニングマシンならば、2工程で十分す。問題は、加工径がφ100と大口径であることと、1穴あたり50秒という高速な加工が要求されていたことでした。既存のホーニングマシンではこの要求に応えることができません。
 そこで新たに工作機を一から開発することになりました。こうして開発したのが右の写真のホーニングマシンです。新たに設計した高剛性のフレームに3.7kWの高出力モータを搭載し、搬送装置を装備した完全自動加工ラインです。
 竹沢精機製のホーニングマシン「TKF-30」をベースにしてはいますが、基本設計からやり直した、まったく新しいホーニングマシンです。
 竹沢精機は、お客様の問題を解決するためならば、工作機の開発にも一から取り組んでいるのです。

竹沢精機のホーニングマシンは多くのお客様のもとで稼動しています

●機械部品メーカE社様

●自動車部品メーカF社様

●自動車部品メーカG社様

●建設機械メーカH社様

お問い合わせ